ミオンパシーについて

ミオンパシーという名前なのか、患者さまからは時々「スピリチュアルな施術ですか?」と聞かれますが、まったくそうではありません。

アメリカ起源の手技医学、オステオパシーのストレイン・カウンター・ストレインという技術と理論から、体系化されてきた筋肉にアプローチする手技療法です。

施術はとてもシンプルです。

・筋肉をやさしく押さえながら、痛みのもとになっている硬くなった箇所を探します

・その箇所を押さえたまま、痛みや違和感がなくなる姿勢をとり、90秒から120秒間そのままにします

・緩めた箇所に力が入らないよう、ゆっくりと元の姿勢に戻します

・もう一度同じ箇所を押して痛みや違和感がなくなっていることを確認します

ひとつの工程はこれだけです。

これを繰り返し行い、痛みや違和感のある筋肉やその原因箇所を次々と緩めていきます。

このミオンパシーは、創始者であり私の師匠でもある、いぎあ☆すてーしょんの松尾総院長が整形外科やペインクリニックの医師が立ち上げたMPS研究会(筋筋膜性疼痛症候群研究会)で実際に施術を行い、医師からも認められた安全な施術です。